随時更新中

住宅コラム

「フラット35も金利が上がりました!」


住宅金融支援機構(東京都文京区)が

民間金融機関と提供するフラット35の

2020年1月の適用金利が発表されました。

◆融資率9割以下で返済期間が21年以上35年以下の
主力タイプの金利幅は…

1.27%(前月より+0.06%)~1.94%

と、今月も金利を引き上げました。

先月から3か月連続で

0.06%金利を引き上げましたが、

まだまだ低金利なので

魅力的なサービスを提供中です。

◆融資率9割以下で返済期間が20年以下の

金利幅は以下の通りです。

1.22%(前月より+0.06%)~1.89%

と、中期に関しても引き上げました。

◆融資率が9割超で返済期間が21年から35年以下の

タイプの金利幅は…

1.53%~2.20%

◆融資率9割超で返済期間が20年以下のタイプの

金利幅は…

1.48%~2.25%

以上のようになっています。

今月もフラット35は、

全体的に金利を引き上げました。

3か月連続での

金利引き上げとなっております。

金利は上がりましたが

1.20%台となっており

魅力的なサービスを提供中ですが

3か月連続で引き上げたので、

今後も注意が必要です。

メガバンク、フラット35を含めた動きですが、

金融機関によって対応が分かれました。

では、今月の金利動向を

まとめましたので、ご覧ください。

◆2020年1月の住宅ローン金利の傾向

今月の住宅ローン金利は、

変動金利はほぼ変わらずでしたが、

10年固定(固定金利期間選択型の期間10年)や

全期間固定は全体的に金利がアップしました。

この動きは4か月連続です。

変動金利は、

「短期プライムレート」連動しますが、

これは金融政策の一環として

日銀が間接的にコントロールしており、

10年間ほぼ変動していません。

10年固定や全期間固定の金利が上昇したのは、

10年物国債の金利上昇を受けてのことです。

◆各金融機関の住宅ローンの金利動向

変動金利では全体的に動きがなかったものの、

最低金利の競争が激しくなっております。

住信SBIネット銀行が金利を下げ、

ジャパンネット銀行と

並ぼうとしたものと思われますが、

ジャパンネット銀行が

半年ぶりに金利を下げたことで、

逃げ切った形です。

現在、新規で住宅ローンを借りる場合は、

変動金利の利用が多いことから、

今後も最低金利競争が起きる可能性がありますので

しばらく目が離せません。

10年固定では

10年もの国債の金利がアップしたことで、

先月に続き多くの商品の金利がアップしました。

全期間固定では、

前途の通り金利が上がったとはいえ、

まだまだフラット35が強いです。

物件が条件をクリアすれば

優遇【フラット35S(Aプラン、Bプラン)】が

適用され、金利が下がるメリットがあるためです。

「保証型」では

独自に低い金利の商品を打ち出す

金融機関もあります。

◆実際に比較する際は「総返済額」で!

今月の住宅ローン金利を見てきましたが、

ご紹介したのはあくまで金利面のみです。

金利が低く見えても有利な住宅ローンとは

限らない場合があります。

また、フラット35Sは一定期間の金利優遇ですので、

5年または10年後に金利が上がることも

押さえておきましょう。

そのため、実際に比較する際には、

返済額だけでなく、

保証料や事務手数料、団信のコストなども含めて

検討する必要があります。

新規で借りる場合も、借り換えの場合も、

トータルでより有利な住宅ローン商品を

選ぶようにしましょう。

手間を惜しまずに

シミュレーターでしっかり試算するか、

あるいは信頼できる専門家に

相談されることをお勧めします。

そして

今後の不透明な金利状況の可能性を考えると、

フラット35は、借入時から完済時まで

全期間固定型の住宅ローン商品なので、

今借り入れた方は35年後の完済時まで

ずっと低金利の恩恵を受けられる…

というメリットがあります。

いくら借入時の金利がいくら低くても、

何年後かには住宅ローンの返済に追われる生活…

そうなってしまっては元も子もありません。

目先の数字にとらわれず、

しっかりとそれぞれの住宅ローン商品の

メリット/デメリットを理解し、

家族のライフプランに合った住宅ローンを

選択しましょう!!

※下記のサイトにて、

フラット35の金利推移をご確認いただけます。

現在がどれほど低金利であるか?? ご参照くださいせ。

http://www.flat35.com/kinri/index.php/rates/top

【フラット35】の利用を予定している方、

住宅ローンの新規利用・借り換えをお考えの方など、

いずれにしても、

早めに行動へ移すことをお勧めします!!

最後に、金利が上昇したとはいえ

2020年1月の住宅ローン金利は、

低水準で推移しております。

現在購入を検討している方はもちろん、

住宅ローンを借り換えのタイミングを

見極めているという方にとって、

金利が低いい今月は、

検討する価値があります。

住宅ローン金利が最低水準にある、

この機会を見逃さないようにしましょう。

それでは、また。

Copyright © HARMONY All rights Reserved.